歯科で綺麗な歯を手に入れよう【ダイヤモンドのような頑丈歯GET】

歯医者

口腔トラブル

先生

口腔外科とは、口の中、あご、顔面などの疾患を扱う診療科です。口腔外科で扱って口内炎、顎関節症、口腔がんなどを治療しています。一般歯科では主に虫歯や歯周病などの治療を行いますが、口腔外科の診療内容は虫歯や歯周病以外となっています。口腔外科では、口腔内や顔面の疾患などを対象にしていますが、口周辺の疾患をすべて治療できるわけではありません。疾患によっては、設備の整っている大学病院や口腔外科のある総合病院などと連携して治療を行っていくこともあります。一般歯科では、主に虫歯や歯周病などの 治療を行っています。そして、口腔外科では虫歯や歯周病以外に起こる、口やあごや顔面などの疾患を対象としています。歯茎や頬の腫れや傷み・長引く口内炎・噛み合わせの悪さような症状が起こった時に診断や治療などを行っています。また痛みや腫れを伴う親知らずの抜歯なども行われています。親知らずというのは、奥歯より奥に生えてくる永久歯のことです。親知らずが生えると、痛みを伴う場合とほとんど痛みを感じない場合があります。痛みや腫れを感じるようなら、抜歯を行う必要があります。痛みや腫れが起こっていない場合は必ずしも抜歯をする必要はありませんが、口の中の間に悪影響を及ぼす場合は抜歯をすることになります。あご口腔外科では、歯だけでなく口の中やあごなどに起こる症状も治療しています。例えば、顎関節症というのはあごの疾患です。口を開けにくかったり、口を開けるとカクカクというような音がしたり、あごを動かすと痛みが起こるなどの症状が起こります。顎関節症も診療の対象となっていますが、その他にも口の中の粘膜などに口内炎ができた場合や、顔面神経痛などの治療も行っていますし、一般歯科が併設されている場合も多いのでまずは一般歯科で診断してもらい専門医の方に治療をお願いするとスムーズに治療を進めることが出来ます。